税務相談や相続サービス

お問い合わせはこちら

相続・事業承継サービス

Inheritance

税務相談や相続対策

税務相談や相続財産は被税務相談や相続人から税務相談や相続人であるご家族(配偶者、お子さまなど)への人生最後の贈り物ですが、2015年1月以降の税務相談や相続から税務相談や相続税の基礎控除の引下げ及び税率構造の見直し等の改正が行われました。この結果、税務相談や相続税の申告件数が5割以上増加すると見込まれており、一般のご家庭にも身近な税金となりました(小規模宅地等の評価減や配偶者の税額軽減などは申告書の提出が必要)。また、富裕層にはさらなる税負担が求められます。よって、税務相談や相続税は早い段階から節税対策を行うことが重要であり、お客様の不安を1つ1つ丁寧に解決していきます。

税務相談や相続について事前のご相談をいただいた場合には、

①生前贈与及び生命保険契約活用に関する検討

②遺言書(公正証書遺言がお薦め)の作成

③税務相談や相続税と納税資金の簡易シミュレーション

をさせていただくとともに、

④税務相談や相続開始後の所得税の準確定申告

⑤税務相談や相続財産の調査と名義変更のご支援

⑥遺産分割協議のアドバイス

⑦税務相談や相続税の申告書の作成・提出

⑧税務相談や相続した不動産等(土地、建物)の売却に伴う譲渡所得の所得税の確定申告

などもさせていただきます。

事業承継

中小企業の経営者が高齢化すると、事業承継は避けて通れない問題になります。企業としての体力を強化しながら、事業を継続してさらに発展させ、従業員及び取引先との信頼関係も継続・発展させるためには、円滑な事業承継を行い、未来の経営者に最良の形でバトンタッチ(親族内承継、親族外の役員・従業員への承継、第三者への売却など)することが不可欠です。

①税務相談や相続時における自社株式及び事業用資産の分散とこれらに係る税務相談や相続紛争

②経営者の交代に起因する信用不安

③税務相談や相続時における過大な税務相談や相続税の負担

などに留意しながら、企業の財務内容や株主構成によっては、種類株式(配当優先株式、議決権制限株式など)や従業員持株会の導入、M&Aによる第三者への売却も提案させていただきますが、円滑な事業承継には、現経営者の皆様のニーズを重視することが最優先であると考えています。

【相続税の申告】

 

           
基本報酬          
 通常プラン 200,000円        
 納税額がゼロのケース 100,000円        
           
財産比例報酬          
 1億円以下 相続財産×0.5%      
 1億円超、2億円以下 相続財産×0.4%      
 2億円超 相続財産×0.3%      
 相続財産の評価額は土地評価特例や生命保険金控除などの控除額を減額する前の金額です。
 例えば、相続財産が1億4千万円の場合は66万円になります。    
 66万円=1億円×0.5%+(1億4千万円-1億円)×0.4%      
           
個別評価加算報酬          
 非上場株式の評価(1社当たり) 100,000円        
 土地(1画地当たり) 50,000円        
 「1画地」とは、土地の利用の単位となっている1区画をいいます。    
           
複数の相続人がいる場合 財産比例報酬×10%×(相続人の総数-1名)  
           
その他          
 上記のお見積金額は個別の内容によって、事前にご相談させていただきます。  
 消費税及び地方消費税のご負担をお願いいたします。      
 残高証明書、登記簿謄本及び戸籍謄本等の取得費用は実費のご負担をお願いいたします。
 税理士法第33条の2に規定する書面添付制度にも対応いたします。